• 買取りの流れ
  • 高価買取のひみつ
  • 他社との比較
  • 無料査定・お見積り
  • 買取り申込み
  • 驚異の買取り実績
  • よくあるご質問
三重県名張市・伊賀市・京都・奈良の廃車買取、廃車手続き、出張引取りはエコワールドモリにお任せください!

知って得する買取り情報

新しい車に乗り換える、廃車にする場合に、今使っているカーナビやETCを使い続けたい
というご要望があるかと思います。
その方が新品部品代も浮きますし、経済的ですね。

そういった場合は、買取前に使える部品の取り外しができる業者に依頼した方が良いでしょう。

当社でも部品の取り外しができますので、ご希望の方はお気軽にお声かけください。

■事故車、故障車、動かない車の場合

事故車、故障して動かない車などを処分したい時、
廃車するにしても費用が掛かってしまいます。

軽いへこみの車など修理して乗れる車であれば
ディーラーなどで値がつくかもしれませんが、
値がつかない場合、廃車費用が掛かってしまいますね。

ただ、当社エコワールドモリなら最低買取り査定額を保証しておりますので
本来無料で引き取るべき車も、値段を付けて買い取らせていただきます。

ガレージで眠っているお車、お気軽にご相談ください。

■自分で相場を決めない!

愛車の価値は、市場の相場が判断します。
自分で相場を決めてしまうと、実際はまだ5~10万円上乗せできたのに、
「思ったよりも高い査定額が付いたのでそれでいいです」と
5~10万安い金額で愛車を手放してしまう事になります。

たとえ年式が古くても、走行距離が走っていても、
キズが多くても思いもしない金額が付く可能性があります。

もちろん高年式車や人気車でも同様です。
さらに高い金額で売れる可能性があります。

せっかくの愛車です。以下の手順を参考に
1円でも高い高価売却を目指しましょう!


■愛車査定額の最低ラインを知る!

高く売りたいと思っても、その車の相場を知らなくては
その車につけられた価格が高いのか安いのか分かりません。
そこで車の買い替えのために車を売ると言う方は、
車種が決まっていれば新車でも中古車でも、
まず見積もりをしてもらうと思います。

その時に、できれば下取り車も査定してもらいましょう。
おそらく営業マンのほうから「下取りに出されるのなら査定しましょうか?」
なんて言って来ると思います。

新車ディーラーであれば、1回目に査定してもらった査定額を
その愛車の買い取り価格の最低ラインの目安とします。

今後その愛車を売る場合、買取り業者はその価格よりも高く売ることを目指します。


■愛車の現在の最高値ライン相場をインターネット査定で知る!

次は最高値ライン(目標買い取り額)の相場も知っておかなければなりません。
今はわざわざディーラーや買取店を回らなくても、インターネットを利用すれば
メールでその愛車の最高値ラインの相場をリアルタイムで知ることが出来ます。

当社エコワールドもメールで問い合わせを受け付けしております。
無料ですので、お気軽にご利用ください。


中古車は、乗っている年数や走行距離、外装のキズへこみなどで、
同じ車種でも当然買い取り値に差がつきます。
インターネット査定と、実車を見てからの出張査定では金額が上下することがあります。
この段階では、インターネット査定の金額を目標にします。


■出張査定してもらう!

上記で最低ライン、最高ラインの目安をつけたら、いよいよ買取店に実際に査定してもらいます。
インターネット査定をしたところから、目標額に近い査定額をつけてもらった
買取店に無料出張査定を依頼します。

時間が許せば多くの買取店に出張査定に来てもらうのがいいでしょう。
無料出張査定に来てもらったからといって、必ずそこに売らなければならない
と言う事ではありませんので、納得がいくまで出張査定してもらいましょう。

ここで自分の希望額にあえば、思い切って売ってしまうことも”あり”ですが、
希望額に届かない、他の買取店も検討したいと言う事であれば、
「他も検討しているので後から連絡します」と言って帰っていただいてもいいでしょう。
無料出張査定に買い取り義務はありません。


■出張査定の買取店、ディーラー、近所の買取店で競合!

無料出張査定してもらった買取店やディーラー、時間があれば
近所にある買取店などに行って価格交渉してみましょう。

ここで目標額を達成できたら、どこに車を売るか下取りに出すか決まります。

買取店に実際に行って査定してもらう時の注意ですが、
買取店の中にはズバリと買い取り価格を提示する所もありますが、
なかなか買い取り価格を教えてくれない所もあります。
これはお客が他店と競合するのを避ける為と、
その客からなるべく安く買い取りたい、と言った事があるようです。

例えば「今日いくらであれば買い取らせてもらえますか?」
なんて聞かれることがあります。こちらがその車の相場を知らないと、
向こうの都合のいい価格(おそらく安値)になってしまいます。

こんな時は上記のように、ディーラーの査定価格やインターネット査定価格、
自宅などに来てもらった出張査定の価格をよく把握して、
自分の希望額、目標額を明確にしておきます。

そして自分の希望額、目標額にいくらかプラスして、
「○○円だったら買い取ってもらいます!」と言ってみるといいでしょう。
「それはちょっと無理ですね~」なんて言ってくるかも知れませんが、
そこから希望金額になるように交渉してみるといいでしょう。

他にも「他の店を回って、一番最後にうちの店に来てください!」など、
様々なトークで買い取り価格を教えてくれない事があるので、
希望額、目標額を明確にして交渉しましょう。

時間があれば、なるべく多くの買取店に査定してもらうのがいいですが、
ここで時間をかけすぎると買取店などは、最初の買い取り額を保証できなくなる事があります。

理由は、「日数が掛かれば、それだけ市場の相場も下がって
買い取り価格も下がる」、その車種を欲しいと言っている中古車販売店が
「他に同じ車が入ったから、もういらないよ」と言ってきて買い取れない、等があります。

ただ「今日じゃなければこの価格で買い取れません!」と言ってきても、
よほどのことがない限り、1日くらい過ぎても「その査定額が下がる」
と言う事はほとんどありませんので、
「家族に相談して最終決定したい」
「親に最終確認しないと・・」などと言って切り返しましょう。


■不人気車、低年式車、低年式軽自動車などの場合

ディーラー、買取店などで査定がつかない、査定がついても
かなり低い金額だという方も遠慮なくお問い合わせください。

ディーラーで新車を買う場合であれば、
不人気車、低年式車でも値引きの一環として価格がつくことがあります。
しかしその場合は、車両本体価格からの値引きが少なくなる場合がありますので、
値引き額と相談して下取りに出すか決めてください。

ゴミを減らし、資源を無駄遣いしないリサイクル型社会を作るために、クルマのリサイクルについてクルマの所有者、関連事業者、自動車メーカー・輸入業者の役割を定めた法律です。
関係者の具体的な役割は以下のようになっています。

▼クルマの所有者(最終所有者)
リサイクル料金の支払い、自治体に登録された引取業者への廃車の引渡し。

▼引取業者
最終所有者から廃車を引き取り、フロン類回収業者または解体業者に引き渡す。

▼フロン類回収業者
フロン類を基準に従って適正に回収し、自動車メーカー・輸入業者に引き渡す。

▼解体業者
廃車を基準に従って適正に解体し、エアバッグ類を回収し、自動車メーカー・輸入業者に引き渡す。

▼破砕業者
解体自動車(廃車ガラ)の破砕(プレス・せん断処理、シュレッディング)を基準に従って適正に行い、シュレッダーダスト(クルマの解体・破砕後に残る老廃物)を自動車メーカー・輸入業者へ引き渡す。

▼自動車メーカー・輸入業者
自ら製造または輸入した車が廃車された場合、その自動車から発生するシュレッダーダスト、エアバッグ類、フロン類を引き取り、リサイクル等を行う。

◎失敗しない廃車業者選び
A:まずは、キッチリとした店舗を構えていますか?
  契約書の発行はしてくれますか?
  マニフェスト通りに適正処理をしてくれますか?


  
◎車を高く売るコツ
A:セールスポイントのアプローチ!
  売却時期を明確に!(売却時期により価格が大きく変動する場合がございます。)
  車の状態を正直にお話ください。(修復歴、故障状態、不具合箇所等)
  大きな荷物等は、あらかじめ降ろしておいて置いて下さい。


◎事故車・故障車を廃車にする
A:まずは、お問い合わせ下さい!
  事故、故障状態により価格が大きく変動いたしますので、お気軽にご相談下さい。

  
◎使いたい部品の取り外し
A:基本的には、査定時の現状価格となりますが、必要部品等がございましたら
  お気軽にスタッフにご相談下さい。

  
◎放置車両の対応
A:お客様個人のお車が移動不可能な車両であれば、
  専用のセーフティーローダー車、ユニック付き車両を所有しておりますのでお任せ下さい!

  
◎自動車リサイクル法とは?
A:自動車の廃車時における適正処理と再資源化を推進し、環境を保全、
  循環型社会をつくることを目的として2002年(平成14)に公布された法律で、
  正式名称は「使用済自動車の再資源化等に関する法律」です。

  リサイクル料金の内容は、シュレッダーダスト料金、フロン類料金、エアーバック類料金
  情報管理料金、資金管理料金の5つから成り立っています。